イヤイヤ期の子育ては大変(+0+)たまに夜勤専従の仕事で気分転換しています。

私は病院で働いていたんですが、出産を期に子育てに専念する為に職場を退職しました。

 

当時私が働いていた職場は、急性期の職場だったのでとてもハードでした。

 

本当は、出産をしても働き続けたかったんですけど、毎日の残業で休みもなかなか取れないような環境では、
とても子育てと両立させる事はできないと思ったんです。(=Q=j

 

実際に、その職場にはママさんナースは一人も働いていなかったんです。

 

仕事を辞めて出産をしてからは、毎日がビックリするくらいに慌ただしくなったんですよね。

 

夜泣きが凄くて睡眠不足になるし、毎日クタクタになっていたんですが、カワイイ我が子の成長がとても楽しみで、
子供から目が離せないといった状況でした。

 

そして、子供が1歳をすぎた頃から、ますます子育てが大変になってきました。

 

自分の意思が出てくると、イヤイヤ期が始まるんです。

 

自分の思い通りにならないと泣いたり暴れたり、それはもう大変です。(Tゝ)

 

毎日常に子供と一緒に過ごしていると、自分だけの時間が作れないので、気分転換ができないんです。

 

このままでは、子供にも悪い影響を与えてしまうと思って、働く事に決めたんです。

 

私は選んだのが夜勤専従の仕事です。

 

夜勤専従は、月に1、2回からの勤務ができるので、夫が休みの日に合わせて仕事をする事が可能です。

 

皆さんが寝ている時間に働く仕事ですから、決して楽ではありませんが、子供と離れている時間を持つ事で、
気分転換ができるんです。

 

それに、新たな気持ちになれるので、子供に優しく接する事ができるんです。(^=O)

 

夜勤専従は時給が高いので、短時間でも効率良く稼ぐ事ができます。

 

だから、子育てをしているママさんナースにはお勧めだと思います。