老人病院の夜勤専従

同じ夜勤専従でも、一般病院と福祉系の職場とでは、仕事内容が大きく異なります。

 

福祉系の職場には、老人ホームや老人病院がありますが、老人ホームに比べると、
老人病院は医療行為の比率が高いですね。
しかし、一般病院のように、高度な医療行為を必要とする訳ではなく、簡単な処置のみとなります。
さらに、老人病院は、介護系の仕事が多い為、一般病院でバリバリ働いていた人にとっては、物足りなく感じるかもしれませんね。

 

夜勤の配置人数というのは、その職場によって多少異なりますが、福祉系の職場の場合は、看護師1人に介護士が2、3名というパターンが多いようです。
日勤は看護師が数名勤務していますが、夜勤になると看護師は1人のみです。

 

夜勤は看護師が1人しかいないので、医療行為が主な仕事になります。
オムツ交換や体交などの仕事は、基本的に介護士が行なっています。
時間的に余裕がある場合には、介護士の仕事を手伝いますが、看護記録や看護計画など、夜間帯にする雑務が以外と多く、仕事量としては少ないんですが、忙しい印象ですね。

 

同じ福祉系の職場でも、病院によっては、オムツ交換などの介護士の仕事も看護師が担当している所もあるようです。
そのような職場の場合は、看護師としての仕事に介護の仕事が加わる為、体力的にハードですね。

 

しかし、老人病院というのは、一般病院と比べると緊急入院や急変も少なく、落ち着いている環境です。
難しい医療行為や、高度な医療行為も必要ありませんから、精神的にはとても楽な気持ちで働く事ができます。

 

ただ、先に述べたように、業務内容は病院によって異なりますから、働きやすい職場を選ぶには、事前に業務内容をチェックする事をお勧めします。