シングルマザー看護師の可能な働き方は?

シングルマザーが安心して働く為には、子育てに理解があり、子育て環境が整っている職場を選ぶ事が大切です。
シングルマザーというのは、それなりの給料を稼ぐ必要がありますから、仕事に専念できる環境が必要です。
そして、安心して子供を預ける事ができる環境であれば、いろいろな働き方ができるんです。

 

たとえば、看護師には敬遠されがちな、夜勤の仕事。
夜勤というと、独身の看護師の為の働き方だと思っている人が多いですよね。
しかし、シングルマザーで夜勤の仕事をしている人は、実はとても沢山いるんですよ。
そして、多くのシングルマザーが、夜勤の仕事を選択しています。
その一番の理由は、手当が高額で、稼ぐ事ができるからです。

 

しかし、その夜勤の仕事も、子供の預け先が確保できなければ、とても働く事ができませんよね。
24時間院内保育園のある病院であれば、子供の預け先に悩む事はありません。
パートでも常勤でも、病院で働いているスタッフであれば、誰でも利用する事ができて、残業があっても、
子供を預かってくれるなど、融通をきかせてくれるんです。

 

院内保育園を利用すれば、充分仕事に専念できますよね。
子供が寝ている間に働いて、翌朝、夜勤明けには、一日中子供と過ごす事ができるんですよ。
日勤で働いている場合、なかなか平日にゆっくりと子供と過ごす時間はとれませんから、とても効率のよい働き方だと思います。

 

夜勤専従の働き方であれば、夜勤のみの勤務ですから、生活のリズムが崩れる事もありません。
夜勤は、少ない日数で多くの給料を得る事ができますし、子供と過ごす時間も確保できますから、
シングルマザーが夜勤を選ぶ理由も、良くわかりますね。

 

いろいろな制度を利用する事によって、シングルマザーでも様々な働き方ができるんですよ。