夜勤はずっと立ちっ放しで休憩や仮眠もない・・・それでも日勤よりも夜勤の方が気が楽です


看護師には、夜勤を嫌がる方が沢山いますよね。

 

でも、私は断然夜勤のほうが好きなんです。

 

こんな事を言うと、何で?って不思議に思われるかもしれませんよね。

 

夜勤は大変なイメージがありますから、それも良くわかります。

 

私が働いているのはCCUなので、すごく忙しい毎日です。

 

急変が沢山あって、1、2時間おきにバイタルをチェックしている感じですから、気が抜けません。

 

夜勤の時も、立ちっ放し、動きっ放しの時が多くて、休憩や仮眠が取れないのは当たり前といった感じです。

 

でも、逆に、動きまわっていて忙しいお陰で、夜勤の時間はアッという間に過ぎてしまいます。

 

そんな職場だから、みんなピリピリしていて、先輩はとっても怖いんです。

 

何が苦手かって、わからない事があって先輩に聞きたい事がある時は、もうビクビクです。

 

日中はオペが沢山あるので、スタッフも多くて、なんだかごちゃごちゃしています。

 

でも、日勤に比べると、夜勤はスタッフが少なくなるので、落ち着ける感じがするんです。

 

苦手な先輩と夜勤が一緒になった時には、何だか罰ゲームのような気分になってしまって憂鬱になるんですけどね。

 

夜間にも急変などは起きますから、忙しい事に変わりはないんですけど、割と静かな雰囲気なんです。

 

そんな理由があって、私は夜勤の方が好きなんです。

 

もう一つ、夜勤をすると手当がつくので、給料アップができるんです。

 

どうせ忙しい病棟で働くんだったら、給料が高い方がやり甲斐がありますよね。

 

でも、時々夜勤明けに疲れきってしまって、一日中寝ているなんて事があるんですよね。

 

そんな時には、何だかとても損をしているような気分になるんですけど、でも、やっぱり私は、スタッフが少なくなって、楽な気分になれる夜勤をしている方がいいですね。

夜勤専従のライフスタイルについて

 

夜勤専従は、日勤夜勤が繰り返される勤務に比べて、常に夕方から仕事が始まって、翌朝9時頃に仕事が終わるので、慣れてしまえば、身体は楽みたいです。

 

夜勤の業務内容は病院によって様々で、夜勤をギリギリのスタッフでやりくりしている病院もあり、そういうところだと、かなり重労働になり、ただでさえ、夜勤というのは身体がしんどいのに、プラス、大きなストレスもかかって、良い労働環境とはいえない場合があるみたいです。

 

一方で、夜勤もきちんと労働環境を整えている病院はあるので、自分の希望はもちろんのこと、職員が大きな負担なく、しっかりと業務遂行出来ている病院選ぶと良いですよね。

 

でも、なかなかそんな病院の実情まで分かって仕事を探すって、難しいものですよね。

 

看護師求人情報サービスに登録して、自分の希望に合った職場を紹介してもらうようにすると、ちょっとした疑問や不安もよく聞いてもらえるし、何かあったときの病院との交渉もしてくれます。

 

情報サービスには医療業界に詳しいコンサルタントがついているので、自力で探すよりは、ずっと助かると思います。

 

夜勤専従だと、月8回で年収450万ほどいく場合もあるみたいで、日中を有効に使いたい方や夜勤のほうが向いていると思う方にとっては、とても良い働き方といえると思います。

 

しかしながら、夜間に働くって、人間の生活から考えたら、かなりの無理ではありますよね。

 

でも、そんな時間に働いてくれる方達が看護師に限らず、警察、工場など、夜間勤務者がいるからこそ、私達は社会で安心して暮らしていけるわけだし、社会の恩恵を受けているといえます。

 

それだけの大きな仕事を担うわけですから、それ相応のお給料というのは出してもらいたいですよね。

 

そして、それに見合った良い仕事をしていけたら、ベストですね。

結婚・出産など、退職を余儀なくされる場合ってありますよね。元の職場に復帰したいけど難しいのが現状です。

現代は、女性も男性と同じように働く事ができる時代になっていますが、やはり女性は男性とは違い、思い通りに働く事はできません。

 

女性は、プライベートによって働き方が左右されてしまいます。

 

看護師の仕事は、日勤と夜勤がありますから、生活が不規則になってしまいます。

 

独身であれば自分の好きなように働く事ができますが、結婚して家庭を持つようになると、なかなか思い通りにはいきません。

 

夜勤で家を空ける事について、良くないイメージをもたれていますし、仕事よりも家庭を優先してほしいという家族の要求で、仕方なく退職をする看護師も沢山います。

 

出産は女性にしか出来ない事ですから、これも仕方がない事なのかもしれません。

 

例えば妊娠していても、頑張ってある程度の時期まで働き続ける事はできます。

 

でも、出産の時期を迎えると、どうしても仕事を休む必要がありますし、出産後暫くは、育児に専念する必要があります。

 

子供が小さいうちは何かと手がかかりますから、子供の都合に合わせた働き方を選ばなければいけません。

 

最近は、子育てに理解のある職場が増えていますが、まだまだ十分とは言えないと思うんです。

 

出産を期に退職する看護師は沢山いますが、多くの方は、子育てが落ち着いた時点で、元の職場に復帰する事を望んでいます。

 

でも、実際には、子育てと仕事の両立をする事ができず、断念してしまう方、又は、派遣など働き方を変える方がほとんどです。

 

福利厚生や将来の事を考えると、新卒で入社した職場で、定年まで働きたいと思いますよね。

 

退職金の事も考えたら、それが一番望ましい働き方です。

 

子育てしていても安心して働ける職場環境だったら、潜在看護師も減ると思うんです。

 

何とか職場環境を改善して欲しいと思います。